倫理基準

個人の高潔さや、美しい心から生み出される良い判断に代わるものはありません。

難しい決定に直面した場合には、自分の決定が公に知られても問題ないと思えるかどうかを考えます。

・法的または倫理的観点から自分の決定が適正でないとみられることもあると思う場合

・最善の対応策を取ったか疑問がある場合

・その他、行動規範を適用した場合に疑問が残ると考える場合

は、コンプライアンス担当に申し出ます。

使命基準

私たちは、倫理性の保持に努め、コンサルタントエンジニアとして、名誉と良識を保持し、その使命を達成します。

順守基準

私たちは、法令、定款・規則・規程・決議・会則など誠実に遵守し、公共の福祉に反するような指導・助言を行いません。

能力の向上基準

私たちは、その職責の重大性を認識し、常に自己の専門分野において高度の職業能力の研鑽に努めます。


契約基準

委託者との契約を忠実に遵守し、かつ委託者との間に紛議が生じないよう、相当の注意義務を保持します。

業務基準

私たちは、直接または間接を問わず、他企業の業務を不当に侵害しません。

自主性基準

私たちは、その職務を遂行するにあたって、自主性を保持し、自己または第三者の不当な利益を図ることを目的としたり、特定の企業や人の不当な要求に迎合しません。


自律及び協調基準

私たちは、関連の個人、企業に対し、誹謗したりその名誉を傷つけません。また、共同で業務を行う場合には、相互に協調し誠意をもって業務を遂行します。

社員監督基準

私たちは、社員に対し十分な指導を行い、法令および基準・会則などを遵守するよう監督します。

守秘義務基準

私たちは、正当な理由なく、コンサルタント業務を通じて知り得た秘密、情報などを外部に漏洩、盗用しません。